ひとりごと。

2011年3月13日 (日)

to U.

忙しいからと年明けから放置していたこのBlog。
次に記事を書く時がこんな時になるなんて思ってもみなかった。

 

みなさん、ご無事でしょうか?
あの時間どこにいたでしょうか?
被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

 

私は無事です。

 

私ともう一人を除いては、同僚はみんな自転車通勤なので、電車が動かず会社に取り残されました。

 

残ったもう一人の同僚は、その日たまたま深夜残業になりそうだからと車で来ていたのですが、道路を見ると、どこまでもテールランプが続いていて、まったく動く気配がなく…。
(羽田から両国に移動するのに夕方に出て着いたのは深夜3時だったという話も聞きました。)
深夜になって電車も一部動き出しましたが、人があふれかえって、とても乗れる状況ではないこともネットからの情報で知り、会社に残りUstreamでテレビを見ながら一夜を明かしました。

 

Ustで映し出された状況は目を覆うものばかり…。
まるで段ボール箱みたいに津波に飲み込まれていく車や家々。
胸が苦しくて涙があふれてくる。
阪神大震災の時は、惨状を見てここまで苦しいと思っただろうか?
震度5強という地震を体験した直後だから、こんなに苦しいんだろうか?
これからどうなってしまうんだろう?
救助を待つ人たちはどんなに寒い思いをしてるだろう?

 

そしてTwitterのタイムラインには、悲しい現実の裏で、励まし、励まされる人たちの姿。
少なくとも私のタイムラインの中には誰一人、希望を捨てる人はいないし、人の優しさを感じられるものしかなかった。

 

UstとTwitterのTLを交互に見ながら、ぐるぐる、ぐるぐるいろんなことを考えてた。

 

もう一人の同僚は、きっと途中で帰ることもできた、時間はかかっても。
でもこの状況で女性を一人で残す訳にいかないと付き合ってくれ、夜が明け始めるころ、少し車がすいてきたのを見計らって私を家まで送ってくれたのだ。
まったくの逆方向にもかかわらず。
私が逆の立場だったら、混雑していつ自分がいつ家に到着するかもわからないのに、送っていくことなんかできるだろうか。
本当に本当に、心からありがたいと思った。

 

途中レインボーブリッジに昇る朝日を見たら、いろんな思いがどっとあふれてきて涙がとまらなかった。

 

海外のメディアではこの状況下で、冷静に、暴動一つ起こすことなく、優しさをもって行動してる日本人を驚異の目で見てる。
略奪の対象にこそなれ、コンビニがエイドステーションになるなんてあり得ない。
動き出した混雑した電車で、妊婦や老人に席をゆずるなんてあり得ない。
食料や水の配給にきちんと並ぶなんてあり得ない。

 

…そう…日本人はすごいんだぞ。

 

今、日本にいる人々はきっとみんな同じ方向を向いている気がする。
この状況を乗り越えて、復興できたら、日本はすごい国になる気がする。
GDPがどうのとか、そういうことではない、ものすごいパワーのある国になれると思うんだ。

 

どうか、一人でも多くの命が救われますように。
どうか、一日も早く被災者の方に笑顔がもどりますように。

※乱文お許しください

| | コメント (6)

2010年4月22日 (木)

嘆願書。

先日、おせっかいおばちゃんはJALにこんな嘆願メールを送ってみましたの。

JALのコナ直行便をいつも利用しています。
先日新聞に発表されました国際線撤退路線の中に成田-コナ便が含まれているようでした。
直行便がなくなり、ホノルル経由の不便さを考えると日本からのハワイ島への観光客がグッと減り、ようやく日の目を見てきたハワイ島の観光産業にも大きな痛手となってしまいます。
どうか、どうか、どうか!コナ直行便を継続させていただけるよう、平に平にお願い致します。
(一部省略)

あぁ、本当におせっかいですな。
こんなことでどうにかなるものでもないことはわかっているのですが…。
でも、なんか送らずにいられなかったのですよね。
こういうことほとんどしたことないので、メールおくるだけでも結構緊張したのですよ、実は…。

 

で…来た返事が…。

ご指摘の報道については、当社が発表したものではございませんが、 ご心配をおかけし誠に申し訳ございません。
現在、当社グループは、収支改善を確実に実現するために採算性向上にむけて色々な可能性を含め検討しておりますが、ご意見は貴重なご提言として担当部に申し伝え、引続き検討してまいりたいと存じます。
(一部省略)

ん…?
当社が発表したものではない?????
んじゃ誰が発表したの?????
読売新聞に載っていた情報はどこから?????
謎です…。

 

もらった文面をそのまま鵜呑みにはできないのでしょうけど…。
Big Islandの郡長も嘆願しに日本に来る(来た?)のですし、多いに、じゃんじゃん検討してもらいたいです、JALさん!

| | コメント (2)

2010年3月24日 (水)

サクラサク?

すっかりサボっております、怠け者Bigbirdです。
皆さま、お元気?


この不況の中、お仕事くださるのですから…と、日々年度末のバタバタに追われております(汗)
(そのバタバタを年間で均等に分けてもらいたいもんですが…。)


タイトルの「サクラサク」な出来事はな~んも、な~んも、なぁぁ~んもないんですけどね…。
一応、東京も開花宣言したことですし、タイトルくらい華やかに…。
(あぁ~あ、ハワイいきたいなぁ…)


と、言うわけで生きております…。
ご報告まで!
(あ、別に待ってない? 笑 |( ̄3 ̄)| )


| | コメント (8)

2010年2月 1日 (月)

東京に降る雪は…。

寒い、サムい、さむ~いっ!

 

雨は夜更け前に雪へと変わりましたね。

 

積もるかなぁ、積もんねえだろぅなぁ(松鶴家千とせ風???……これがわかるアナタのお年はっ…!?)

 

っていうか…もう、積もってるし!

Ca3d0049

人通りもなく「しんしん」って音が聞こえてきそうな感じ。
久しぶりにしっかり積もりそうな予感…。
でも東京に降る雪は、あっという間に汚くなっちゃうんだよなぁ…悲しいけれど。

 

どうか汚れませんように…いや…どうか凍りませんように…。
とりあえず…雪だるまでも作るか…???

| | コメント (4)

2009年11月12日 (木)

大人の階段、のぼった?

Cimg0578

気づいたら、またひとつ歳をとってしまいました。
「わ〜い!」と喜べるような年齢でもないのですが。
でもやっぱり、人から「おめでとう」と言われたら、ちょっとうれしくなりました。

 

誕生日を迎えると、昔ある人から言われた「誕生日は人から祝ってもらう日じゃなくて、自分が生まれてきたことに感謝する日」という言葉をいつも思い出します。

 

またひとつ歳を重ねたということは、去年より少しは素敵な自分になっててほしいと思うけれど、本当にそうなってるのかな。

 

「♪大人の階段の〜ぼる〜」…って歌があったけど、のぼっても、のぼっても大人になってない気がするんだよね。
子供のころ描いてた、今の私の年齢の人ってもっと「オトナ」だった気がする。
(もっと「おばさん」だった気もするけど・・・)
そんな風になっていないことを誇りにも思うし、ダメだなぁとも思ったりして…。

 

とにかく……歳を重ねるごとに、ちょっとずつ歪んでここのところ動きが悪くなってきた歯車を、もう少し動きやすくする一年にしなくっちゃ…ね。
(あ、あと次の誕生日がくる前に一度くらいサーフィンに挑戦してみたいぞwave

| | コメント (18)

2009年10月 8日 (木)

Typhoon

いやはや、大変でした、台風18号。
皆さんは大丈夫でしたか?


東京は雨、風は思ってたほどではなかったですが、交通マヒでまさに「痛勤地獄」でした。


通常45分ほどの通勤ですが、途中あきらめの喫茶店待機も含めて、今日は3時間もかかってしまいました…。


もう仕事場に着いただけでグッタリ…。

しかし……日本人ってやっぱり勤勉なんだって、つくづく思いました。


こういう人種だもの、きっとこの不況も打開できるはず。

…と、勝手に思った一日でした。

| | コメント (6)

2009年9月10日 (木)

つかれたびー。

あまりこのブログでは、ネガティブなことは書かないようにと、常々思っているのですが…。

 

いやはや、心身ともにかなりグロッキーでございますわ。

ハワイ島に飛んでいければ、吹っ飛んじゃうんだろ~けど、そうもいかないので…。

 

おかしくなる前に、素直にちょっと弱音を吐いて(書いて)みようかと…。

 

 

んんんんんん……
つかれたびー!!!!!!!!!

 

 

はぁ~…少しスッキリしました…。
明日からまた少し頑張れそう……かな???

 

失礼しましたー。

 

 

| | コメント (12)

2009年8月13日 (木)

佳き友。

今日は久しぶりに楽しいお酒を飲みました。

なぜだか嬉しくて、楽しくて、そして切なくて…。
軽く酔いながら、今ブログを書いています。
独り言だから、いいよね?

今日は飲んだのは、前に勤めてた会社の上司であったディレクターと、元同僚、現 取引先の営業マン。

なんか不思議な縁で、今もつながりを持っています。

みんな、大変な想いを抱えているけれど、頑張ってる。
そう思えた夜でした。


うまく言えないけれど、人のつながりに改めて、感謝したい夜でした。
(酔っ払いの独り言だね、ホント)

| | コメント (4)

2009年5月27日 (水)

ブーケトス。

本日はハワイネタではありません。

ちょっと笑っちゃうよな面白い記事を見つけました。

「ブーケトスは人権侵害だ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090525-00000002-aera-soci

Cimg1062 なにもそこまで言わなくてもとも思うし、言いたくなる気持ちもわからないでもないAround Forty。
ちょっとこの記事に思わず食いついちゃいました。

未婚なので結婚式に行くと、当然「ブーケトス」には参加させらせます。
もちろん持って帰ったこともあります。(「トス」じゃなくてわざわざ手渡されてるのに、↑の記事と違って「お花キレイ〜」って喜んでたアホな私ですが…)

この記事みたいに、私は「ブーケトス」に嫌悪感を抱いているわけではありませんが、悲しい事に「結婚している人間が上」っていう態度を取る人がいないわけではありません。
「結婚していない人 = かわいそうな人」という図式を勝手に作ってしまう人です。
さらに「子供を生んだ人間はもっと上」なんていう態度の人も。(子供ができない友人を前に、そういうことをフツ〜に言っちゃう人っているんですよね、残念ながら。)
それはとても悲しいし、「オイっ!」ってツッコミをいれたくなります。

別に結婚していないことを人より劣っていると感じたこともありませんし、結婚しているから偉いとも思ってません。
それで人の価値がきまるものではないと思うので…。

もちろん、素敵な老夫婦を見るとあんな風に年をとれたらなぁと思いますし、「素敵な夫婦」に憧れないわけではありませんがね〜。
でも結局、こういうこと書くと「結婚できないオンナのひがみ」だと思われちゃうんですねぇ(笑)
えぇ、えぇ、ひがみですとも〜(笑)

え〜、本日の「ひとりごと」にな〜んの悪意もないので、あしからず〜。

| | コメント (6)

2009年5月 3日 (日)

雨上がりの夜空に。

さっき、楽しげなBlogをアップしたばかりですが…。
ちょっとショックなニュースが。

RCサクセションの忌野清志郎さんが亡くなったそうです。
享年58歳。若い、若すぎる…。

個人的に特別RCファンという訳ではないですが、清志郎さんはロック界において特別な存在だったと思うんです。
そのスタンスやメッセージ、音楽性は誰もマネできない。
子供の時に見た坂本龍一とのユニットはやっぱりすごく衝撃的だったし。

すごいファンではないのに、何故だかとてもショックです。
なんだか、時代が大きく動いている感じがします。

「雨上がりの夜空に」。
一度、ライブで聞いて聞きたかったな。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (4)