ハワイの本棚。

2010年11月 7日 (日)

Under the Hula Moon.

だいぶ冬が近づいてますね。
風邪も一進一退。
忙しくなるとちょっと熱っぽかったり、さっぱりしませんな。
でも金曜日にはちょっと嬉しい楽しい飲み会があったりして。
久しぶりにいい具合に酔っぱらいにもなれたりしてね。
まぁ、その話はそのうちに…。

* * * * * * * *

自分の誕生日が近づいてきたので、ちょっとアマゾンで自分から自分への誕生日プレゼントを買っちゃいました。

『Under the Hula Moon』

_b065614

ず〜っと欲しかった本なんですが、絶版になっていて中古しかないし、中身を見れないのでハズレだったらどうしようと思って、去年からずっと悩んでましたが、先日勢いでポチッとしちゃいました。

中身はね。

_b065617

プランテーションハウスやパニオロの家などハワイのいろんなお家やインテリアが載っている本。

ま、言うなればこんなお家に住んでみたいな〜と思うための妄想本ですね。
インテリアぐらいは多少参考になるかもしれないしね。
しばし妄想ふけりま〜す。

* * * * * * *
先日放送されてたTBSの「99年の愛 ~Japanese American~」、見ました?
日系人の歴史にも興味があるので、ひととおり録画したんですがね…。
テーマは絶対いいはずなのに…。

なんで橋田壽賀子なの???
情景も役者も、すべてを台無しにする橋田壽賀子、恐るべしだよ、まったく。

同じテーマで、違う脚本で見たいですな。

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

丸ごとハワイ島。

1102948443

Amzonから届きました。
「1冊丸ごとハワイ島」。
待ってましたよ〜、出るのを。なかなかハワイ島だけの本ってないですから、特にガイドブックは。
これからハワイ島に行く方、行ってみたい方にはオススメの一冊です。

 

前にも2冊同じシリーズが出てました。
でもね、今回は特別なの。
だってHiloに住む友人がこの本のお手伝いをすることになったんですもの。

 

先月ハワイ島に行った時には、この本の仕事があって、彼女は島中を駆け回っている時だったので、残念ながらゆっくりは会えませんでした。
時間がなくて「お土産渡してHug!、じゃ、頑張って!」っていう感じでしか会えなくて…。
Hiloでそんな風にしか会えなくて、残念って思っていたら、Kona側に移動してから、本当にたまたまバッタリ遭遇したりして、ビックリ。
ちゃんとそういう出会いの場を用意してくれるBig Island、やっぱりすごいや。
来年はゆっくり会えるといいね。

 

ゆっくり会えなかったのは残念だけど、彼女が頑張っている姿を見れて、本当に良かったし、どんどん、ロコのHilo Girlになっていく彼女がちょっと眩しいぐらいです。


P.S. 泄出版さま!
彼女の写真でBig Islandの写真集とか出してもらえませんかね〜?
大人買いしますけど。

 

| | コメント (4)

2010年6月29日 (火)

やっぱりパワースポット。

51spq5vo3el_ss500__2 また買っちゃいました、ハワイ本。
ハワイ島 聖なる島の時間 パワースポット・ガイド

 

 

やっぱりパワースポットブームなんですねぇ。
仕事でも「パワースポット」系のものが回ってきたりして、つくづく今日本では「旬ネタ」なんだと実感してます。

 

「パワースポットだからハワイ島へ」と思って行ったことはないのですが、やっぱりなにか色んな意味で「チカラ」のある島だと私は思っています、人にも島そのものにも。
でなきゃ、こんなに通ってないよね。

 

51jqixk9rl_ss500__2

こっちは1ヶ月くらいまえに買ったのですが、アップしてなかったみたいなので、一緒にアップ。
ナチュラルヒーリング ハワイ島 (Big Island)

 

こちらは「滞在旅行ハワイ島」のまとめ版って言う感じでもあります。

この本にでてくるカフナのアカさんが語っている「ホ・オポノポノ」。
私の中では今まで見聞きしたもののなかで、なんだか一番しっくり来た感じがします。
「ホ・オポノポノ」のこと、私は語れるほど知っているわけではないので多くは語りませんが、スピリチュアルな部分がありつつも、なにかもっと大地に根ざしたというか、人間らしさみたいなものが感じられたので。
(あくまでこれは私の感想)

 

きっと、もっともっと深い深い世界なのだと思うけれどね。

| | コメント (8)

2010年2月24日 (水)

coyote.

だいぶ春めいてきましたね~。
今日は本当にポカポカ陽気。花粉症は全開ですが…。(ここ数年は飲み薬を止めて、目薬と点鼻薬で乗り切ってますが)

 

さて、さて…。
楽しみにしていた本が届きました。

Coyote_

先週末に買いにいったのですが、近所のちっさい本屋にはおいておらず…。
大きな本屋に行く時間がなかったので頼んじゃいました。

 

まだ全部読み切れてませんが、すごくいいです!
かなりの読み応え。ワクワクする。
観光ガイドではないけれど、行ったことない人もハワイ島に行ってみたいと思うはず。

 

こういうのが読みたいのですよ~。
coyoteってたまに「グッ」とくる特集をしてくれるので好きです。

 

暖かくなってきたし…こんな本も買っちゃったし…そろそろ次の「予定」たてちゃおうかな~!
(「まだ2009の旅行記終わってないぞっ!」って誰かツっこんで…(笑))

 

| | コメント (2)

2009年8月 7日 (金)

アロハ魂。

会社を出ようと時間を見たら、21時少し前。
よし、まだ本屋の時間に間に合うぞ。

銀座のブックファーストへ。

ここの本屋好きです。
本屋はたいてい好きだけど、ここはとても好きな本屋の中のひとつです。

何を買いにいったかと言うと…。

また買っちゃいましたよ、ハワイの本。
「ハワイ」についての本は山ほどあるけど、「ハワイ島」についての本は少ないので、速攻買いにきてしまいました。

_8073847

女優の小林聡美さんが書いた「アロハ魂」。
JALの機内誌「SKYWARD」の5月号で、特集されてたハワイ島を巡る旅が本になったもの。
(っていうか本の取材のついでに「SKYWARD」だったのかな?)

本を買って、近くの喫茶店でコーヒーすすりながら一人ニヤニヤcatface
(あやしいヒトになってたろうな〜)

やっぱ、この女優さん好きだなぁ。
彼女の出ていた映画「かもめ食堂」、ほんとに大好き。
精神的に疲れてくると見たくなる映画。
なんだか、気持ちがほっこりする。

さ〜て、夏の夜長(?)、この本を読んで、ハワイ島の夢でも見ますかな。

| | コメント (6)

2009年6月 8日 (月)

懐かしいのに、はじめまして。

Alltheway また買ってしまいました、ハワイの本。

 

懐かしいのに、はじめまして。
著者はJ-WAVEのナビゲーターのクリス智子さん。

 

仕事場では毎日J-WAVEを流しているので、彼女の声はいつも聞いています。
つい最近CDを出したそうで…。
J-WAVEで時折かかるのですが、思いのほか(?)歌もうまくてとっても清々しい声で素敵な曲だったので、先日ITunesで購入してしまいました。
(ハワイ島のさわやかな感じを歌った歌です。2曲目の「all the way」)

 

この本はそのCDを出すにあたって訪れた時のハワイ島のことを綴っています。
(後半少しオアフも出てきますが)

 

まだちょっとしか読めてませんが、私の中では「Hawaii Book」につづくHITかも〜。

| | コメント (6)

2009年5月23日 (土)

Hawaii Book.

ここのところずいぶん忙しく、ドタバタしていたので、「妄想」をする時間がめっきり減りまして…。
でも気づいたら、次回のハワイ島まで、もう60日を切っているではありませんか!

これは大変!もっと「妄想」しなければっっ!

ということで、本屋に行く時間はないので、またセブンアンドワイでお取り寄せです。

_5232865
その名もずばり「Hawaii Book」。
5月20日に発売されたばかりのホヤホヤです。

一昨年、同じ著者の「Aloha Book」という本を買っていました。こちらは、基本的にOahuの情報の本。
でも写真がとても素敵だったので、「気分」にひたるために購入。

今度の本は半分Big Island、半分Oahuの内容。
とりあえず、昨晩Big Islandの部分は読破しました。

う〜ん、素敵heart01

とにかく、写真が私好み。
一眼レフは持っているもののカメラには詳しくない私ですが、なんとなくザラっとしていて、暖かみがあって、質感が感じられる写真なんですね。
紙も写真に合っているし(紙って大事なんですよ〜、出来上がりの質感が大きく変わりますから。)

と、思ったら写真は「ホノカアボーイ」を撮影した市橋織江さんでした。
この人の写真好きだなぁ。

さぁ、これを見ながらたくさん「妄想」しなくっちゃ。

| | コメント (10)

2009年3月24日 (火)

三日月カメラ。

時折このBlogに遊びにきてくれている、Hilo在住のゆうこさんという方がいます。

去年の暮れぐらいにハワイ島関係のBlogを巡っていて、たまたまゆうこさんのBlogを見つけました。

彼女のBlogの中でとても私のココロに「ズギュ〜ン!!!」とくるコトバがあって、引き込まれるように、最初から最後までほぼ読破してしまいました。
写真も前職は(というか今も本職ですよね)カメラマンというだけあって、写真もとてもステキ。

彼女は遠いハワイの、それもホノルルのような喧噪とは無縁のノスタルジックなヒロの町で、マッサージセラピストになるために頑張っています。
ヒロの町で頑張っている彼女に「がんばれ〜っ」ってエールを送ると、なぜか自分にもエールを送っているような気になるので、不思議です。

そんなゆうこさんが「アロハストリート」というハワイのフリーペーパーでコラムを書くことになったそうです。
ゆうこファン(あ、ストーカーじゃありませんからsweat01)の私としては、ぜひ一度見てみたいと思い、1回だけ無料で日本国内でも郵送してくれるというので、取り寄せてみました。
P3231987
コラムのタイトルは「三日月カメラ」。「三日月」と書いて「ヒロ」と読みます。
(なぜそう読むのかは、アロハストリートをぜひ見てください!)

ほんわかしたヒロの雰囲気がつたわってくるコラムです。
ショッピングやグルメ情報てんこもりの本の中で、このページだけ違う空気を漂わせています(笑)

できれば、次号も読みたいところですが…オアフに行く機会がないのでねぇ…。
webと連動してくれるとうれしいですねぇ。
(ちなみにアロハストリートにはBig Island版もあったのですが、こちらは残念ながら廃刊になるとのこと…despair

まだゆうこさんにはお会いしたことはありません。
でもいつか(というか、次のハワイ島行きで!)ホンモノにお会いして、できることなら彼女のセラピーを受けれたらな〜と思っています。

早くその願いが叶うように一生懸命働かねば!

| | コメント (14)

2009年3月14日 (土)

ハワイ島三昧 その2。

映画を見る前に、時間があったのでちょっと本屋に寄りました。
そこで見つけた雑誌、「TRANSIT」。

P3141931
ハワイの特集です。

ハワイ島だけではないですが、写真も綺麗だし、ハワイのCultualな部分にたくさん触れていて、かなり読み応えがありそうです。

この間、届いた本もあるし、しばらくハワイ島三昧できそうですheart01

| | コメント (0)

ハワイ島三昧。

インターネットショッピングでカードを使うのが苦手なので、書店で見つからない本を買うのにも、amazonではなく、セブンアンドワイで、店舗受け取りをしています。

今日、先日注文した本が届きました。
P3141922
ハワイ島アロハ通信」。

1992年に発売された単行本の文庫化です。
文庫になる前の本も大好きで持っていたのですが、人に貸したら、行方不明で戻ってこず…sweat02
しかも単行本は絶版みたいで…。

先日、セブンアンドワイで「ハワイ島」で検索したら、ヒットしてきたので、早速予約購入!
今日届きました。
本当は受け取りは明日の朝以降になっていたけど、ダメモトで「届いてませんか…?」と聞いたら……届いていました!
もう、無愛想な店員のおにいちゃんでさえ愛おしくなりましたよ〜。

本の中にはこんな↓イラストもいっぱいで、本当にワクワクする本。
P3141918

ものすごく久しぶりに読むので、初めて読む本みたいで、楽しみです!
(しかし、なんで今頃、文庫化されたのか疑問だ〜)

明日はホノカアボーイの公開日だし、今日の夜中にはテレビで「長谷川潤が感じたハワイ島の風」も放送されるし…heart01 ハワイ島三昧のアロハ〜な週末になりそうです。

今週は、ものすごく、ものすごくお仕事ガンバリました。そんな私にハワイの神様がご褒美をくれたのかな〜。
まさに今日は「It's Aloha Friday, no work till Monday〜note」な金曜日。
ハワイの神様〜、これからもよろしく〜!

| | コメント (2)